NTT DATA Trusted Global  Innovator

NTTデータ ジェトロニクス株式会社

第36回 肢体不自由児・者の美術展

第36回の美術展は、2017年12月14日~17日までの4日間、東京芸術劇場で開催されました。
本年は、合計676点(絵画・書・コンピュータアート)の作品が全国から寄せられ、その中から、美術展の審査会で選ばれた92点(特賞24点・優秀賞36点・佳作賞32点)が展示されました。
また、「肢体不自由児・者のデジタル写真展」も同時開催され、応募作品755点の中から選ばれた特賞・金賞・銀賞の作品計30点が展示されました。展示会初日の12月14日には、特賞入賞者を招いての表彰式が行われました。
表彰式については、日本肢体不自由児協会(外部サイトへ移動します)のページをご覧ください。
2017年の「NTTデータ ジェトロニクス国際賞」は、絵画部門およびコンピュータアート部門より選出しました。

写真提供:日本肢体不自由児協会

「NTTデータ ジェトロニクス国際賞」受賞作品

絵画部門

受賞作品

「思春期の空模様」
溝口 翔太さん
福岡市立南福岡特別支援学校 高等部3年


いろいろな素材の感触を確めながら、気に入った物を1つ1つ好きな場所に貼りました。

コンピュータアート部門

受賞作品

「僕の教室の下の枇杷」
一丸 徳哉さん
福岡市立今津特別支援学校 高等部1年


通学していたころにも教室の下にあった枇杷の木。その写真を訪問授業で懐かしく眺めて、写真の通りになぞって描いた。グリップ付きのタッチペンを握り先生の支えで筆を動かす。指先、手の甲、ひじなどをあてて色を塗ることもある。仲のよい妹がベッドにあがって色を選び、すぐそばで兄の手伝いをしてくれる。

関連情報


  • ※ 記載内容は、掲載日現在のものであり、お客様の閲覧日と情報が異なる場合があります。