NTT DATA Trusted Global Innovator

NTTデータ ジェトロニクス株式会社

「認証マスター® S」が金融機関向けクラウドサービス「OpenCanvas®」に採用

お知らせ

2019年4月1日

当社が提供する認証システムによる届出電話番号認証サービス

NTTデータ ジェトロニクス株式会社(以下、当社)が提供する電話を利用した認証システム「認証マスター® S」が、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ社)の提供する金融機関向けクラウドサービス「OpenCanvas®(注1)の本人認証の一つに、届出電話番号認証サービスとして採用されました。

概要

NTTデータ社は、クラウドサービスである「OpenCanvas®」に金融機関が保有する本人確認情報(氏名、生年月日、住所、届出電話番号、キャッシュカード番号等)と口座保有者自身が持つ本人認証(追加認証)を組み合わせ、本人確認を行うことで、なりすましを防止する機能を順次拡大しています。

口座保有者向け本人認証サービスとして、複数の認証手段を拡充されていますが、当社の認証システム「認証マスター® S」を利用したサービスにより、事前に届け出(登録)された携帯電話・スマートフォン等の電話番号による認証を実現しました。

構成図

今回実現したサービスは、NTTデータ社の個人向けインターネットバンキング「AnserParaSOL®」、QRコードを使って口座間の送金ができる金融機関向け次世代バンキングアプリ「My Pallete®」でご利用いただけます。

今後について

認証システムにおいては、安全性を高めるために多要素化が求められています。「認証マスター® S」は、携帯電話・スマートフォンという誰もが持っている身近なデバイスを利用し、多要素認証を実現することができます。今回採用された金融機関のサービスに留まらず、さまざまな本人確認が必要な場面において、安全・簡単に利用できる仕組みをソリューションとして提供してまいります。


  • 注記1 OpenCanvasとは、NTTデータが提供する金融分野を中心としたデジタルトランスフォーメーション(DX)推進基盤です。

関連情報



資料請求・お問い合わせにつきましては下記のフォームより承ります。

認証マスターS 資料請求・お問い合わせ