NTT DATA Trusted Global Innovator

NTTデータ ジェトロニクス株式会社

フィルタリングシステム

Oculus®-filter(オキュラスフィルター)

顧客・取引先情報のフィルタリングに特化したAMLソリューション

AML対応において本人確認機能やバッチフィルタリング機能をサポートするフィルタリングシステム Oculus®-filter(オキュラスフィルター)は、反社会的勢力、不正口座取引者、財務省の経済制裁対象者、各国の政府関係者や公的要人(PEPs)など、複数のブラックリストを一括して照合できます。フィルタリングエンジンには、SWIFT電文のフィルタリングで世界的に実績のあるFircoSoft社製品を採用し、日本語/英語で“あいまい検索”が行えます。
当社のOculus®-filterは、都市銀行・地方銀行等の金融機関はもちろんのこと、資金移動業者をはじめとする企業における外為送金サービス等に幅広く採用されています。

  • 注: PEPsリスト等の各種リストの提供はしておりません。

特長とメリット

日本語、英語に対応した“あいまい検索”機能で効率の良い検索が可能

漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットでの“あいまい検索”に対応しています。また、バッチフィルタリングでは大量の顧客情報を高速処理することが可能です。
言語エンジンは、フィルタリング分野において世界的な実績のあるFircoSoft社の製品を採用しています。


無駄なアラートを省き、作業負荷を軽減

フィルタリングのチューニング機能、アラート調査結果の学習機能、生年月日による絞り込み機能により、無駄なアラートの発生を防ぎ、判定業務の作業負荷軽減に貢献します。


反社会的勢力、不正口座先など任意の複数リストを一括照合

さまざまなリストを標準的に取り込むインターフェースを持ち、複数のブラックリストを一括して照合できます。反社会的勢力の情報など、開示先を限定したいリストについては、機密リストとして設定することにより、権限のあるユーザーにのみヒット内容を表示することが可能です。


確認の証跡を残し、事務作業を効率化

アラートの調査結果を履歴として保存し、検索、履歴一覧、「疑わしい取引の報告」の出力ができるため、経営陣や当局からの要請に伴う報告事務作業の効率化が図れます。

業務機能

ウェブフィルタリング 口座開設、取引先審査時において、ウェブ端末から顧客・取引先情報をブラックリストと照合することができます。
バッチフィルタリング 既存口座の定期確認時など、大量の顧客・取引先情報をブラックリストと高速で照合します。

オプション

  • MQによるメッセージ連携
    外部システム(勘定系など)から、口座開設時の顧客情報、送金前の送金人/受取人情報などを受信し、ブラックリストとの照合結果をリアルタイムで返信します。
    (あらゆるタイプのデータをメッセージとしてトランスポートできる IBMのWebSphere® MQを使用)
  • システム共同センター対応
    サーバー1台を、マルチユーザーで利用することが可能です。ユーザー各社には単独で利用した場合と同等の機能を提供します。

システム構成/動作環境

動作環境

  • Windows Server® 2008 R2 Standard Edition
    ※VMware等の仮想化環境動作実績あり

関連情報

マネーロンダリング(資金洗浄)に対しては、年々規制が強化されています。犯罪による収益の移転防止に関する法律が改正され、金融機関には対して顧客管理措置の厳格化が求められています。
また、金融庁の監督指針では、金融機関に対し反社会的勢力との取引に一切の遮断が求められており、振り込め詐欺防止の観点からは、凍結口座名義人との取引防止も必須の課題となっております。

このような環境下では、取引相手が問題なき先であるかを正確に見極める必要があります。そのため、当社は、有効的なフィルタリングソリューションを各社の取り組みに合わせて提供しています。